SKAction.run()メソッドはSKActionを子ノードに加えて実行するメソッドです。

じゃあrotate()メソッドは何でしょう?

おっと調べてみると数多くのrotete()メソッドがありました。SKActionで使われているrotete()メソッドの次がチュートリアルで使われているメソッドです。

rotate(byAngle:duration:)

ドキュメントをみると、「class func rotate(byAngle radians: CGFloat, duration sec: TimeInterval) -> SKAction」このメソッドを使うとSKActionが作られます。これでノードがぐるぐる回るってことです。このアクションを次のように作ります。

let followTrough = 
        SKAction.rotate(byAngle: -6*3.14, duration: 2.0)
                
arm.run(SKAction.sequence([toss, followTrough]))

SKActionを作って、ノードにアプライするやり方です。ここで重要なのがsequenceメソッドです。複数のActionを連続して実行させるメソッドです。tossはビーカーが飛んでいくActionで、followTroughで腕がぐるぐる回ります。

これだけです。