f:id:magumagudon:20170222195009j:plain

 今日は稚内市立図書館に行きました。(今日はというかしょっちゅう行ってます)

ロシア語表記があるのがいかにも稚内っぽいです。

 蔵書は22万5千冊だそうで人口3万6千人の街としてはとても贅沢なのではないかと思っています。司書さんも親切で、予約した本が入っていた際に入口まで来て声をかけてくださいました。ありがとうございました。

 

 中はこんな感じです。落ち着いて読書ができます。この時期は受験生が多いです。

                      f:id:magumagudon:20170222195952j:plain

 

 ちなみに恩田陸先生の『蜜蜂と遠雷』はちょうどお借りてしている時に直木賞受賞が決まりました。急いで読み終えなくてはと思ったのですが感動しすぎてなかなか読み進まず、結局返却日ぎりぎりでした。

 

 読んでいただきありがとうございました。

 

稚内市立図書館のHPへのリンクです。↓↓↓

http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/toshokan/

 

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

  • 作者: 恩田陸
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/09/23
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (19件) を見る