今日おもしろい記事が舞い込んできました。

個人でもクレジットカード決済が導入できる!!「ちょコム送金口座」

ええ!!どうゆうこと!?ということでちょコム口座について調べてみました

検証しておりますので、長文になりますがお付き合いください。

【個人でもクレジットカード決済が導入できる!!「ちょコム送金口座」】

ちょコム送金は、ちょコム送金口座を開設することで、

メールのやりとりのように気軽に個人と個人でお金のやりとりができる、低コスト送金サービスです☆

個人間の少額の送金のニーズにも応える、まったく新しいサービス!

また、クレジットカードで銀行口座に振込みの支払いができるので

家賃の支払い、駐車場代金の支払い、ネットショップの支払い、オークションの支払い、

会費の支払い、子供の塾代等、様々なシーンでご利用頂けます!

おお、なんてすごいサービス!!と思いました。

また、ペイジーでの支払いの際にもカード決済ができるというのです。

たとえば、NHKの受信料、税金などなどです。

多くの家庭では、家賃や駐車場代はカード決済をしていないのではないでしょうか。

このちょコム、通常登録とプレミアム登録というものにわけて支払先を登録するようです。

通常登録ですと

•支払上限額は、1回の上限1万円、月間累計10万円(但し、同一口座名義には月間累計1万円)です。

プレミアム登録ですと

•支払上限額は1回10万円かつ月間10万円になるわけですが、書類を作成し、審査に通過したら使用可能になるようです。

気になるのは手数料です。

金額ごとで手数料が変わってきます。下限が支払額の4.52%で、上限ですと支払金額の5.25%+248円になります。ちなみにこの上限の支払金額の5.25%+248円の手数料は、支払額が1円から999円の際のものです。

仮に999円の支払いをすると、手数料として300円支払う計算になります!!

もし仮に家賃が10万円の家に住んでいたとして、ちょコムを使うとなると、手数料は4.52%です。

つまり、10万円に対して4520円の手数料が発生するということになります。

しかしながら今まで家賃分で全くポイントが貯まっていなかったとすると、このちょコムを使うことによって、

その分のポイントが貯まることにはなります。100円で1マイル貯まるカードを使っておられるなら

10万円の家賃で毎月1000マイル。年間で12000マイル貯まるわけですが、同時に手数料として54000円程払うことになります。

1マイル4.5円という計算になりますから、全く得ではないですね。

ということで今回の検証結果は、ちょコム口座は手数料が高いという結論になりました。