幾人かの読者からスターとかを頂いているのだが、お礼返しをしていない。エントリーに書いて頂いたコメントに対するお礼もしていない。失礼なことかもしれないと、多少は気になるのだが、しないことにしている。メールでできるならば、それをしたい気持ちはあるが、掲示板のシステムだと残るわけだし、それをしだすと管理が大変なようだ。

昨日の長澤さんプログでも、私がコメントしリンクを張ってもらうことは可能だろう。しかし、それは迷ったあげくしないことにした。あえて積極的にお知らせをしないということである。逆にネットで探され、私のサイトを見つけられることはあるかもしれないが、その時はその時。たとえ相手の目に触れないまま、このブログエントリーが眠りについたとしても全く問題ない。そんな生意気なスタンスでいるので、私のブログのアクセスは、今後もたいして増えはしないだろう。一日1人または2人のアクセス (それは多分私自身、あるいは妻だけ?) のときも良くあるが、そのことをあえて問題視しない。

私に関して飾る必要のない友人には、年初のメールの挨拶とともに、このブログの存在を教えている。そこまで私を熟知していない知っている人に、このブログの存在を知らせるとなると、おそらく私は、よそいきの恰好で、また文章を書くことになるだろう。すると、自ずと私の書く内容は社交辞令的なことになるかもしれない。読者を意識し過ぎることにより、書く内容や想いがぶれてしまうことを懸念している。当初に私の意図したブログとは異なり、不自由になってくる。

では、その私の意図したブログとは何か、それをもう一度、原点から振り返りたい。繰り返しになるが、私のブログは自己宣伝や他者からのウケを狙うためにしているわけではなく、自由な立場で書きたいのだということ。自分自身のためのライフログ。加えて、後に残った人が、Miketoyの人生を再確認しようと思えばできるための日記と言うか、やはりログだ。その過程で、いろいろな人が時折、立ち寄ってくれるネットを通した出会いは大歓迎したい。

ブログは本来は日記から出発したのではないだろうか。日記は、他の人から読まれることを意識して書くか? たぶんそうではないと思う。自分自身があとで振り返るためではないだろうか。見られるとしたら身内の人にだろうが、それでもそれは書いたご本人にとっては決して本意ではないだろう。もちろん、いろいろな目的でブログを記す人がいるから、それはその人の自由で、私がとやかくいう筋合いではない。あくまで、私のブログの場合の私のスタンスを述べているだけである。

***  ほぼ一年前に示したブログエントリー

f:id:Miketoy:20130513070306j:image

このデザインを使うのも今日迄。明日からデザインとプロフィール写真は変更して気分を一新したい